052-588-2020

本部営業時間
10:00-17:30

マンション経営で消費税還付を行う

マンション経営で消費税還付を行う

マンション経営をされている方は、マンションを建てる費用の消費税還付を受けることが出来ます。だだし、過去に自動販売機を使った消費税還付を受けることが流行したため、これを防ぐために平成22年度税制改正で賃貸マンションの消費税還付が規制されました。

マンション経営で賃貸マンションを建設する際の消費税還付を諦めてしまっている方も多いと思いますが、本当に消費税還付は出来ないのものなのでしょうか?
実は、消費税届出の提出時期と物件の取得時期のポイントをつかめば、今でも消費税還付は出来ます。

平成22年度税制改正の要点としては、
①課税事業者を選択することにより、事業者免税点制度の適用を受けないこととした事業者のその選択の強制適用期間(2年間)
②資本金1,000万円以上の新設法人につき、事業者免税点制度を適用しないこととされる設立当初の2年間

これにより、引き続き事業者免税点制度を適用しないこととされた課税期間については、簡易課税制度の適用は受けられないという点です。つまり、平成22年4月1日以後に「消費税課税事業者選択届出書」を提出する事業者や資本金1,000万円以上の新設法人から適用されます。

この税制改正により、マンション経営をされている方が法人を新設し、「消費税課税事業者選択届出書」を提出して物件を取得し、消費税還付を受けるという従来の方法では消費税還付は受けられないことになります。(※正確には、取得課税期間の翌々課税期間において課税売上割合が著しく変動した場合の調整対象固定資産の調整計算により、還付を受けた消費税を今度は逆に納税しなければならないことになります。)

マンション経営で賃貸マンションの消費税還付を受けるには、2つ重要なポイントがあります。
1つは、事前に消費税関係のスケジュールを策定し、税務署への届出書提出などしっかりと行うことです。「いつ、どの届出書を出すか」を間違えると消費税還付どころか納付しなければならないこともあり得ます。
もう1つは、賃貸マンションの取得時期です。取得時期は早すぎてもダメ、遅すぎてもダメです。ある一定の一年間で購入することが条件です。

まず絶対にダメなのが、購入する賃貸マンションを決めてから消費税還付のための準備をすることです。これでは消費税還付は受けられません。消費税還付を受けるためには、購入前に消費税関係の準備をしておかなければなりません。

マンション経営をされている方は、一度正式に計算比較を専門家に依頼してみてはいかがでしょうか。

他の記事を読む

500冊限定プレゼント!