052-588-2020

本部営業時間
10:00-17:30

海外不動産投資について

海外不動産投資について

三重県在住の60代主婦の方から海外不動産の投資についてのご相談を受けました。この方は、土地をお持ちでない方で、以前から不動産投資に関心をお持ちであり、海外の不動産投資について考えていました。海外の不動産投資について、私から少し海外の不動産投資についてのお話をさせていただきました。

 まず、日本と海外の不動産投資の違いで、日本は高度経済成長が終わり成熟社会に入っています。長期的には人口減少もあり、国内全体で見ると不動産価格の上昇は望み薄です。

一方、海外に目を向けると人口が増加し、安定的に高い経済成長を続けている国は珍しくありません。こうした国では、人口増加によって住宅需要が拡大傾向にあるのはもちろんこと、国民所得や物価も上昇基調にあるため、将来的な家賃の上昇が期待しやすい環境が広がっているのです。例えば、フィリピンのマニラ首都圏にある高級コンドミニアムの平均グロス賃貸利回りは、年7.5%とアジア最高水準を誇りますが、2000年以降、年2%近い人口の増加が続き、年平均5%程度の高成長を達成している中、家賃は長期的な上昇傾向にあるなど貸し手に優位な市場が形成されており、空室率もマニラ首都圏の都心中枢では近年、全体で10%前後、高級住宅だけに絞ると5%前後と低い数値を保っています。また、先進国最高水準の出生率を誇り、移民の受け入れも積極的に行っているアメリカでも、人口の増加と共に家賃相場は安定的な上昇を続けています。お客様の不安要素である海外物件の管理にも、現在は海外不動産投資の方が増えていることにより、日本の管理会社やディベロッパー企業も海外に進出し、より良いシステムの管理を行っており、現地の会社よりも信頼度は高いです。

以上より、海外不動産投資についてお話させていただきました。今後の人生においてチャレンジをされたいという方は海外不動産の投資を考えてみるのはありなのではないかと思います。

当然そのお客様の資産内容によって最善の選択も変わってくると思いますので、詳しくはゴールドトラストまでお問い合わせください。

他の記事を読む

500冊限定プレゼント!