052-588-2020

本部営業時間
10:00-17:30

魅力的な海外不動産投資

魅力的な海外不動産投資

人口減少・高齢化という日本の先行きを心配して、海外不動産投資に取り組む日本人が増えております。

日本の不動産に投資しても、人口が減少していくので空室率が高まるばかりです。2015年現在で、日本の空室率は15%もあります。日本では100部屋に15部屋は空室という驚くべき状態になっています。

しかし、アジアなどの新興国は日本とは違いこれから人口が増えていきます。基本的に、不動産市場もアップしています。

その結果、将来的なキャピタルゲイン(物件値上がりによる売却益)も狙います。日本では不動産を買っても、キャピタルゲインが狙えません。それどころか、勝った瞬間に2割下がると言われています。なぜなら、新築価格にデベロッパーの利益が2割ほど上乗せされているからです。

一方、マレーシア、タイ、フィリピン、カンボジア、ベトナムといった新興国は、建築中ですら物件の値段が上がっていきます。そのため、日本の投資家の中には、販売初期にプレビルドで投資して、物件完成時に売約してキャピタルゲインを取る人もいます。

ただ、多くの新興国では外国人向けの住宅ローンはありません。マレーシアなどは50%くらいまでは住宅ローンで借りられますが、審査も面倒で時間がかかります。最近は厳しくなってきているので、審査に落ちる人も多いようです。なので、基本的に新興国の不動産投資は現金で行うのが一般的です。

日本の銀行は国内の不動さん投資に対しては融資をします。大企業のサラリーマンだったり、公務員だったり、少し裕福な金持の人は、かなりの額まで融資してくれます。特に、日銀がマイナス金利を採用したので、今までのように日銀の当座預金に置いておくだけでは逆に減ってしまいます。

つまり、銀行は今まで以上に融資に力を入れる必要があるのです。海外不動産投資をする人が増えて、信用力のある人からの資金需要があると見込めば、今後は海外不動産投資のための住宅ローンなどの商品も出てくるかもしれません。

 

 

他の記事を読む

500冊限定プレゼント!