052-588-2020

本部営業時間
10:00-17:30

土地はしっかりと手を抜かずに管理を

土地はしっかりと手を抜かずに管理を

愛知県在住の60代の会社経営者の方より遊休地利用を利用した相続税対策のリスクについてご相談を受けました。

既にご両親が残された賃貸住宅をお持ちで、ご両親の相続発生時は対策として非常に助かったそうですが、物件が老朽化し入居状況が良くなく、自身の相続税対策として新たに遊休地に新築の賃貸住宅を建てても将来子供たちが同じ思いをするのでは?と心配されています。

土地をたくさんお持ちの方の永遠の課題と感じました。建物は経年と共に劣化し賃貸住宅であればほっておくと入居率は落ちていきます。
だからこそ管理が大事なのです。

入居者の入れかわり毎にキチンと清掃・修繕し時期が来ればしっかりとお金をかけてリノベーションを行い、いずれは建て替えをする。
入居していだだいている間は何もしなくても家賃が入ってくるのです。相続対策・固定資産税対策にもなってきたのでしょう。資産の
蓄積も出来たでしょう。土地を所有してなければしなくても良い悩みですが、もっていたからこそ出来た事もあったのならしっかりと手を抜かずに管理してくださいとお話ししました。

入居率に関しては地域によって、経年に関係なく大きく変わります。
今回資産を減らさず相続対策・固定資産税対策するのであれば、賃貸に好立地な土地を買って賃貸住宅を建てれば現在よりはリスクは減るのではないかと
お話もさせて頂きました。何もしなければ、資産は減っていくばかりです。
3代先までの家族の幸せを考えるのであれば、当社の行う「土地セットプラン」が最善です。とアドバイスをさせて頂きました。

 

このように弊社では、様々な地域・土地有遊休地の活用環境・投資目的のご相談に専任担当者が最適なプランニングをご提案させていただきます・・・・・・コンクリートマンション・木造メゾネット・戸建賃貸住宅・サ高住(サービス付き高齢者向け住宅)など用途に合わせた商品がございます。

ぜひお気軽にご相談ください。

 

他の記事を読む

500冊限定プレゼント!