052-588-2020

本部営業時間
10:00-17:30

海外不動産投資のリスク

海外不動産投資のリスク

東海地方在住のサラリーマン30代の方より海外不動産投資のリスクについて質問をいただきました。

まずは海外不動産投資の魅力について説明させていただきます。海外不動産投資の場合は株式等と異なり価値がゼロになることはほとんどありません。
株式ならばその会社が倒産したら株式は終わりですが、土地や建物がある限り価値が下がることはあっても、なくなることはありません。実態のある堅実な資産です。

また地域によって差はありますが、海外不動産投資は人口が増えている、成長率の高い市場で投資ができるメリットがあります。成長率の高いエリアの不動産を取得することで将来の値上がりが期待できます。新興国は先進国に比べて経済成長率は一般的に高くなっています。
例えばマレーシアで4%・フィリピンで7%台の成長が期待できます。また先進国でも高い成長が期待できるエリアは存在します。

海外不動産投資のデメリットとして言葉の違いがまず上げられます。その他に遠方での取引となるので、投資物件を見に行くのが困難、そこで起きるトラブルや周辺の情報、管理、法律、税法の問題などの様々なトラブルの対処が困難などが上げられます。これらのリスクをカバーするのにあたってしっかりとサポートをしていただけるパートナーが必要となってきます。

弊社では、様々な地域・環境・投資目的のご相談に専任担当者が最適なプランニングをご提案させていただきます。

他の記事を読む

500冊限定プレゼント!