052-588-2020

本部営業時間
10:00-17:30

実例で学ぶ土地活用セミナー

実例で学ぶ土地活用セミナー

今回は、愛知県からお越しで、当初ご両親が賃貸アパートをお持ちになり、それを相続され、現在家賃収入を得ている方より、所有される土地の有効利用として節税効果を期待した新たな賃貸アパートが計画できないか?との相談でした。

確かに、賃貸アパートを建てることは、ある面では節税対策を導く事が出来ますが、その所有される場所の賃貸市場を調べたところ、近く駅などの公共施設はなく、生活面でも学校やスーパーなどもないところでした。確かに近隣には、しばらく前に建てられた2階建ての賃貸アパートありましたが、半分が空室であり、かつ、その空室期間がかなりあるような物件でした。

確かに土地活用として、アパートを建てる事が一つに方法ですが、本来、賃貸アパートは入居者の目線でその地域に作ることで、必要とされる方への貢献がないと、所有することで大きな負担を背負うリスクが多いにあります。

それは、経済的にも運営管理的にも大きく伸し掛かり、あとあとの問題を抱える事になります。
であれば、見方を変え、売却や店舗運営や高齢者住宅など、その地域に生かした最善の活用を検討すべきかと存じます。
中には、始めから入居に行き詰まる事がわかっていながら、単に建設する事での利益を得る目的で、建設を促す業者も多々おります。

賃貸アパートを建てる目的が、単に土地があるからではなくやはりそこに必要とされ、かつ、生活される方の立場に立って、本当に活かされる企画計画を第一に置くことで事業が成り立つものかと存じます。

弊社でも、常に、その目的を明らかにして、誰の為になるか?それが、一人でも多くの方と共有できているか?を念頭に企画提案を行います。
単に土地があるからでは、これからは賃貸経営も成り立たない事は、周知の事実ですので、これから賃貸アパートをお考えになる方は、毎月行う弊社の土地活用セミナーへご参加頂き、見極めて頂いた時点で、ご相談されることを強くお勧めします。

他の記事を読む

500冊限定プレゼント!